2007年03月28日

ジーンズの用語

ステッチ 糸の縫製のこと。

パッチ ウエストバンドの後ろにつく革や紙製のラベルのこと。主にブランド名やサイズなどが表記されている。

コインポケット ジーンズ前側右手ポケット部分に付いているデニムで出来た小さなポケットのこと。ウォッチポケットとも呼ばれ、腕時計が普及する以前に懐中時計を入れるポケットだったと言われる。

リベット ポケットの端など力のかかる部分を補強するために打ち込まれた鋲のこと。ジーンズ誕生の要。金属製で最近は主にアルミが素材として用いられるが、かつては鉄や銅、ニッケルの合金が使われた。現在はカンヌキと呼ばれるバータック(ジグザグのステッチ)が主流。1937 - 1966年のリーバイスジーンズでは、シートなどを傷つけないために生地の内側から打たれた「隠しリベット」が用いられた。1940年代には股部分にもリベットが施されていた。

スレーキ フロントポケットの袋布のこと。

右綾・左綾 デニムの織り目の方向のこと。右綾はリーバイス、左綾は Lee が有名。それぞれ色落ちなどに違いが出る。

シンチバックル 後ろの腰部分に付けられたウエストのサイズを調節するバンド。

バックヨーク 腰の切り返し部分のこと。ジーンズ形成の上で重要な部分である。

セルビッジ 布生地の両端のこと。昔のデニム生地は技術的な問題により幅が27インチ前後と狭く、ジーンズを縫製するために効率よく生地を裁断するとこのセルビッジが両足の外側に回されることになる。そしてジーンズが脇割り縫い仕様である場合このセルビッジが特徴的な色落ちをもたらす。

赤耳 赤いステッチが入っているデニムのセルビッジのこと。裾の

裏側で確認できる。古いリーバイスジーンズの特徴の一つ。
脇割り縫い 縫製方法の一つ。ジーンズに限らず一般的なスラックスに用いられる。

ボタンフライ フロント部がボタンになっていること。リーバイス501が代表的。防縮加工技術が開発される前は殆ど全てのパンツはボタンフライであった。
ジップフライ フロント部がジッパーになっていること。
ビンテージ フランス語でワインの生産年のことである。特に豊作の年の極上ワインを「Vintage wine」と称することから、ジーンズの過去の名品を総称してビンテージジーンズと呼ぶことがある。


References from Wikipedia


posted by Levis at 22:01| リーバイスレッド:ジーンズ用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。